昨日弾薬庫を加工した工具箱をインスタに上げたので、今日は高円寺で買ったアルミの箱?を……

もともと高円寺の雑貨屋で見かけたオイルランプがあって、¥30.000とすごい高額なのに驚いてたら、全部シルバーで作られていると……

なるほど確かに質感がステンや鉄、アルミとかと全然違ってて、鈍くくすんだ感じがすごくカッコ良かったんですが、なんせ金額が金額だけにその日は買わずに帰ったんですね、しかし帰ってからやっぱり気になって、一週間後にまた買いに行ったんですが、既に売れてしまってお店になくなってました……

ションボリしてたら同じ金額で売られていたのがコイツで、聞くと北欧とかの漁港で使われていたんじゃないか?という事で、アルミなんですがすごくブ厚くて頑丈に造られており、幅もハーレーのハンドルぐらいだったので、コイツにキャンプ道具を積んで使おうかな、と

買った当初はアルミ地むき出しだったのですが、これにペイントすればきっと雰囲気でるな、と

 

それで買って帰って、ヘルメットで以前紹介したアルミの半キャップと同様に、車用のタッチペンで自分で描きました(笑)

表はハーレー感全開で、裏は自分のショベルの年式を描いて、気分に応じて表と裏を使い分けて積んでます(笑)

 

車用のタッチペンなので、少しハゲたりすると味が出てきて良いのですが、描く過程で失敗すると剝離剤じゃないと消せないので、すごい苦労した覚えがあります……

 

バイブズで度々「箱派?バッグ派?」が取り上げられていますが、オレはキャンプはコレですし、ホテルとかに泊まるならバッグのみで使い分けています

コレは道具を運ぶのはもちろんですが、ジャバラ用に畳める他メーカーのアルミのテーブルも入っていて、この上にバラバラと広げる事で、中身は収納で上はテーブルとして使えるからです

なので、キャンプツーリングは基本キャンプ道具を入れたコイツを積んで、その上に着替えやカッパの入ったバッグを積んで走っています

これは去年のバイブズミーティングの時ですね

シルバーのシートは防水&防炎のシートで、これも長距離には持って行き、雨が降れば荷物の上から覆って走り、到着したら下に敷いたりタープとして上に張ったりしています