昨日帽子をアップしたので今日も帽子を……

バイクに乗る人なら共感して頂けると思いますが、ヘルメットを脱いだ後でグチャグチャになった髪の毛を隠す為にも帽子は必需品で、頭のサイズはそうそう変わらないので今までのトータルでかなりの数の帽子を持っています

 

これは10年ぐらい前にオーダーで作ってもらったキャスケットで、発端は『ヤングガン』という映画で主人公のビリーザキッド役のエミリオ・エステベスが最初に登場するシーンでかぶっていたのを見て影響を受けました

 

キャスケット自体は売られてなくはないものの、ツバの長さや全体の大きさ&バランスが取れたデザインの物がどうしても見つからずにあきらめかけていた時に、知り合いでシルクドソレイユの衣装を作っているデザイナーを紹介して頂き、作ってもらいました

どうせ作ってもらうならと、この黒とグレー、そしてヒッコリーの計3パターンを作ってもらい、形紙は3つ同じなので1つだけ15.000円、あと2つは8.000円だったと思います

新宿のアルタの横に『岡田屋』という超巨大な生地屋があり、そこで使って欲しい生地を選んで持ち込みました

かなりの種類があり、見てるだけでもテンションが上がるのですが、ベースの生地以外にチェッカーフラッグの生地を見つけ、これもせっかくなので使いたいと購入し、帽子の裏地に使う事でお願いしたのですが……

 

 

何か手品の帽子みたいになってしまいました……

生地だけで見るのと、物体として完成するのとでは多少ズレがある様です

 

まぁ、裏地なので気にならないし、それ以来ずっと使っていますが

ただ裏地があるもう一つのデメリットとして夏場は暑い………

 

この時から帽子を購入する際の基準として「オールシーズン使えるか?」を重要項目として加える様になりました